女性の脱毛について

女性の脱毛とは・・・

男性ホルモンは脱毛を促進しますが、
女性ホルモンはその男性ホルモンを抑える働きがあるので
女性には男性ほど脱毛の悩みが少ないと思われがちですね。

しかし、そんなことはありません。
最近、育毛に悩む女性は本当に増えました。

女性の社会進出など、
さまざまなストレスが原因だといわれています。

また、髪の毛は
成長期、退行期、休止期という
毛周期(ヘアサイクル)で成長し、
生えたり抜けたりを繰り返しているのですが、
男性の脱毛はこのサイクルの狂いで生じます。

一方、女性は男性とは違い、
毛周期(ヘアサイクル)の長さは保たれます。

しかし、毛の一本一本が細くなり、
ペシャンコになりボリュームがなくなってきてしまいます。

なぜかというと、女性ホルモンは
30代後半からだんだん分泌が減っていくからなんです。

女性はこの30代後半頃から、
いつものヘアースタイルが維持できにくくなってきます。

日本人女性のおよそ1割は
髪の少なさに悩んでいると言われています。


それから、妊娠と脱毛についての関係は・・・

妊娠と脱毛は一時的にですが大いに関係があり、
妊娠中は女性ホルモンが大量に分泌されるため本来なら
抜けるはずだった髪が抜けないので、出産後、ホルモンバランスが
普通に戻ったときには一気に髪が抜けます。

しかしこれは、
一時的なもので、出産後の脱毛は心配する必要はありません。
気にしなくてはいけない脱毛は、他の原因から起こるものです。

髪の毛の健康状態と体の健康異常

髪の毛に体の健康状態が現れるといわれていますが
髪の毛をくわしく分析することで、いつ頃、何の物質が、
どれ位の分量摂取されたのかなども判明するそうです。

髪の毛は頭部を保護したり、保温する役割は
もちろんのこと、体の健康状態を示す役割もあるのです。

薄毛や脱毛症の原因として、不規則な生活習慣や
ストレスなどの心的症状、栄養不足などもあります。

髪の毛の状態が
体の健康異常を教えてくれているようなものだそうです。

ですから、薄毛や脱毛症の原因を改善することは、
髪の毛のケアだけではなく、体全体の健康ケアにもなるのです。

血液がドロドロになると、血行が悪くなり、
必要な栄養素が頭皮や髪の毛まで行き届かなくなってしまいます。

栄養素はまずは人間の生命維持に必要な臓器に届けられ、
頭皮や髪の毛には一番最後に届けられます。

ですから、髪の毛まで栄養素が届いていない状態であれば、
人間の生命維持に必要な臓器が栄養不足の状態になっている
可能性もあるとのことです。

ということで・・・
髪の毛の健康状態からわかる体の健康異常を常にチェックし、
生活習慣の改善と食生活の見直しを行う必要があります。

抜け毛や薄毛のケアをするために
体全体の健康状態を正常に戻すことが大切だということですね。

体の健康異常が解消されれば、
栄養素を含んだ血液が体中を巡回し、
頭皮や髪の毛にも栄養素が行き届くようになるので・・・

育毛、発毛のための効果的な薄毛ケア法は、
心身ともに健康な状態を作り、それを持続することなのだそです。

抜け毛や薄毛ケア法では、
どうしても育毛剤や育毛用シャンプーに頼りがちになりますが、

抜け毛や薄毛の原因となっている
体の健康異常を改善することが最も重要だということですね。

生活習慣の改善、食生活の見直し、ストレス解消の3つの方法が、
抜け毛や薄毛対策の効果的な方法であることを覚えておきましょうね。

雨の日の髪の毛のケア

雨の降ってる日には、
髪の毛がウェーブが強くなったりする人もいると思います。

そんな雨降りの日でも髪をセットした状態を
キープできるようにしておく方法やウェーブに
なったりしないようにする方法があればなって思いませんか?

天然パーマかクセ毛の人の場合
どうしても、雨が降ると湿気が多くなり
髪に元気が無くなってしまいますよね。

強いスプレーをかけるという手もありますが・・・
それも頻繁にかけないとすぐ崩れてきてしまいますよね。

ですから、出来れば、雨の日には髪を結び
キッチリした髪型にする事をお薦め致します。
後ろに一つ結びするのは・・・と思われるでしょうから、
ロングの方であればポニーテールを高く造り、
その束をひねりあげなるべく頭の高い位置でお団子系が
出来る様にし残り毛はわざと散らす様にすると
けっこう可愛いかもしれないですよ。

勿論ヘアアクセサリーで変化させてもいいですし、
セミロングの人であれば夜会巻きをコームで仕上げるのも
けっこう素敵ですよね。

前髪を下ろしているのであれば
ポンパドール系にするとチリチリになる事を防げますよ。

それから
雨の降る日はどうしても
髪の毛がボワボワになってしまうこともあると思いますが・・・

せっかくドライヤーでセットしても
まっすぐだった髪の毛がモワ〜ンとなってしまったりもしますが
そうならないように事前に対策する方法としては・・・

それらの原因は保湿力が弱いこと、
多少の癖があることなので、保湿力が弱くなる原因は
パーマやカラーをしてキューティクルの締りが甘くなっていたり
内部の間充物質が欠損していたりするとセットしてもすぐに
甘くなってしまうらしいです。

また本人がわからない程度の癖毛ということもあり、
その場合でもセットが甘くなるので、対策としては保湿剤、
これも多少重めの物を使うことで幾分緩和されるらしいです。

せっかくのセットが台無しにならないためには・・・
整髪料の緑のケープがけっこういいかもって思ったりしてます。

とりあえず髪をしっかり乾かして、
髪を持ち上げて内側から外側まで満遍なくケープをかけます。

ケープを髪に近づけすぎると
パリパリに固まってしまうので、できるだけ離してかけます。
あとは素早くブラッシングすればセット終了です。

ケープが乾いてからブラッシングすると
白く残ってしまうので気をつけてくださいね。
私の場合はこれで1日持ちますが・・・

あとは、できればケープがきちんと乾いてから外出してください。
それだけでもセットの持ちがかなり違うと思いますよ。

薄毛ケア用シャンプー剤

頭皮に合わないシャンプー剤を洗髪に使用すると、
必要な皮脂が剥がれ落ちてしまい、脱毛症の原因になります。

育毛用シャンプー剤による
薄毛ケアを行っていても、なかなか育毛、
発毛効果が出ない場合は、使用しているシャンプー剤が
合っていない可能性もあるそうですよ。

薄毛ケア用シャンプー剤といっても、多くのメーカーから
たくさんの種類のシャンプーが販売されています。

とりあえず
市販されているシャンプー剤の種類と特徴を紹介します。

・石油系シャンプー剤…
 近年では環境問題の関係で、シャンプー製造業者も
 石油系シャンプー剤を製造しなくなっています。
 以前はこのタイプが主流だったとのこと。

・アミノ酸系シャンプー剤…
 弱酸性のアミノ酸シャンプーは、
 刺激が弱く安全です。選択洗浄性という機能があり、
 必要なコレステロールなどは皮膚に残したまま、
 汚れを洗い流してくれます。
 製造原価が高いため、販売価格も高価です。

・石けんシャンプー剤…
 石けんが主な成分のため、
 人体に害を与える成分は含まれていません。
 しかし、洗浄力が強く、必要な皮脂を取り過ぎてしまったり、
 アルカリ性の影響でキューティクルが開いて
 髪にきしみ感が出てしまったりすることもあるそうです。

・高級アルコール系シャンプー剤…
 原価が安く、加工もしやすいので、大量生産され、
 市場では最も多く販売されているのが、
 この高級アルコール系シャンプー剤です。
 高級というのは高価や質が良いという意味ではなく、
 含有される炭素数が多いことを示しています。
 炭素数が多いことは、頭皮や肌にとって効果的とはいえません。
 洗浄力が強いので汚れを落とす効果があり、
 ニキビや肌荒れの対策としても効果的ですが、
 必要な皮脂まで落としてしまうこともあるそうです。

薄毛のケア

薄毛ケアとして
一般的に使用される育毛剤には多くの種類がありますが・・・

一番多いのは
頭皮に直接つけるタイプの育毛剤だと思います。

頭皮に直接つけるタイプの育毛剤も
医薬品と医薬部外品に分けられ、代表的な医薬品には
リアップという商品があります。

リアップなどの育毛剤は一般医薬品に部類され、
医師の処方箋なくても薬局で自由に購入できる薄毛ケア商品です。

いっぽう医薬部外品は、
医薬品より含まれる成分や作用も穏やかなため、
自分で手軽にできる薄毛ケアとして使用されています。

ハゲや薄毛に悩む多くの方が行っているのが、
この医薬部外品である育毛剤を使用する薄毛ケアといえます。

また、育毛用シャンプーも
薄毛ケア方法として効果がありそうですが・・・

育毛用シャンプーも多くの種類があり、
自分に合った育毛用シャンプーを選択するだけでも苦労しますよね。

価格の高い育毛用シャンプーが
効果があると一概には言えませんが、
ハゲや薄毛の悩みはデリケートな部分であるため、
高額なほど効果もあると思っている方も多いのではないでしょうか。

それから、トニックシャンプーなどは
頭皮に強い刺激を与える可能性もあるので、薄毛ケアとしては
逆効果になることもあるそうなので気をつけてください。

育毛用シャンプーの選び方は、
自分の頭皮に合っているかが一番のポイントとなります。

現在、特に薄毛ケアを行っていない方は、
まずは頭皮に刺激の少ない育毛用シャンプーから試してみましょう。

ただ注意点として、
育毛シャンプーだから頭皮に良いと思い込み
1日に何度もシャンプーをするのはいけませんよ。

シャンプーをしすぎることで、頭皮に必要な皮脂も
落としてしまい、頭皮の肌荒れの原因となるなど、
せっかくの薄毛ケアが逆に髪の毛に悪影響を及ぼすことになります。

どんな薄毛ケアでも、
長期間継続することが大切ですので、
育毛効果が出るまで根気良く続けることが大事だと思います。

アロマやハーブでリラックス頭皮ケア

お風呂に入るときに、
熱いお湯に精油をたらして作った
ホットタオルを巻いて頭皮トラブルを改善。

ほんのり香るアロマで、リラックス度も満点ですね。

使う精油は、
皮脂の分泌を調整し、髪の成長を促すイランイラン、
髪のパサつきに効くゼラニウム

また、ローズマリーは、
頭皮トラブルだけでなく、頭痛にも効果があるとか。

フケや抜け毛が気になるならシダーウッド、
髪の成長を助けたいならリンデン(菩提樹の花)

ところで、肌に直接つけるのは絶対にNGです。
精油は使用方法に気をつけることが大事。

スカルプマッサージに利用するなら、
ホホバオイルなどのキャリアオイルで
希釈して使用してください。

精油の量は種類によっても異なりますし、
妊娠など、条件によって使用できない場合も
ありますので精油の説明書は必ず読むように!

スカルプとは、頭皮のこと。
近頃話題になっているスカルプケアから、
自分で気軽にできる、
髪&頭皮にいいマッサージをご紹介!


仕事や勉強で頭を使ったり、
パソコンを長時間使ったり…
頭は自分が思う以上に疲れているものですね。

疲れたとき、
頭皮がつっぱるような感じを受けたら要注意です。

毛根に必要な栄養素がいきわたるよう、
マッサージで血行の促進を図って・・・

マッサージの方法は、
両手で頭を包み込むように、
耳の上から頭頂部、額の真ん中から後頭部、
こめかみから前髪など、髪の生え際を押して
気持ちがいいと感じる部分を指の腹を使って
ゆっくりと押すだけ。このとき、爪は立てないように・・・

シャンプー前やシャンプー中、また、
好きな音楽を聴きながらのくつろぎタイムなどに・・・
習慣として続けるといいですね。


ハーブ

お料理やお茶の素材として
すっかり定着したハーブには、
髪にいいものがいっぱいあるそうですよ。

ハーブティーで優雅なひととき、
すかも頭皮ケアもできて一石二鳥!


リラックスや疲れの緩和、
殺菌効果や肌のバランスを整えるなど、
さまざまな効果が期待できるハーブは、
毎日の生活にぜひとも活用したいもののひとつ。

ストレスや寝不足など、
髪にとってマイナスとなることも、
ハーブの力で改善できてしまいますので・・・
おすすめは、ミントやハイビスカスです。

セージのお茶を濃く出して、
リンスに使うと白髪予防にもなるそうですよ。

眠れないならジャーマンカモミール、
多忙で、疲れて気持ちがとがっているときには
ローズヒップスなど、気分によって変えてもOK。

飲んだり食べたりするだけでなく、入浴剤として使うなど、
リラックス効果と活用するといいですね。

さらさらの髪に・・

髪の毛を
さらさらにするには・・・
どんなケアをするのがいいか?

シャンプー前(30分〜1時間)に、
椿油を頭皮に擦り込むようにマッサージをし、
蒸しタオルかシャワーキャップで浸透させ、
その後、シャンプー→コンディショナー

タオルドライをした髪の毛に、
椿油か馬油(ヘア専用のものあり)を
毛先を中心につけてイオンドライヤーで乾かし
最後に流さないトリートメントを付ける

髪の毛を梳かすときは、
つげ櫛と豚毛のブラシを使うと
静電気を防ぐことができるので傷みが少なくなる


ちなみに
髪に良い成分を日頃から摂取することも大事

髪に良い成分

ビタミンB2  
  髪の毛・目・視力
  B2は、B6、B3、Cが一緒のときに
  最も効力を発揮すると言われています。
  また、目が疲れているときなどは、
  ベータカロチン(ビタミンA)と併用すると良い

 
パントテン酸(ビタミンB5)
 お肌サポート・髪の毛・ストレス・アレルギー
 パントテン酸は、ビタミンB群に属する水溶性ビタミンで、
 体内の酵素の作用に関わり、副腎皮質に欠かせない栄養素


L-リジン
 肝臓・脳力・集中力・コレステロール・歯・骨・髪の毛
 リジンは体内で生成できない、
 必須アミノ酸と呼ばれるアミノ酸の一つ
 普段の食生活では、肉や牛乳などの乳製品から摂取できる


ビオチン 
 肌サポート・髪の毛・アレルギー
 糖質、脂質、タンパク質の代謝と関わりが深く、
 特に皮膚と毛髪にとって大切なビタミンB群の一種
 近年、アトピー性皮膚炎を予防する効果が報告されるなど、
 カラダの内側から美容と健康をサポートするビタミン


PABA
 髪の毛
 PABA(パラアミノ安息香酸)は
 ビタミンB群に分類されるビタミン様物質


L-システイン
 抗酸化・若返り・毒物対策・お肌サポート・髪の毛
 システインは、髪の成分の1/15を担うアミノ酸で、
 皮膚を構成する成分の一つでもある

健康で丈夫な髪にために

健康な髪を維持するために、
まず大事なのは、頭皮の血行をよくすること。

毛髪をつくる毛母細胞は、毛乳頭に分布した
毛細血管から吸収する栄養をもとにしているので、
頭皮の血行がよくなると毛母細胞の働きは活発になり、
そのおかげで健やかな髪が生え脱毛しにくくなるらしいです。

このような意味から、脱毛や薄毛の人には、
頭皮マッサージがよいといわれていますが・・・

頭皮マッサージは、脱毛予防だけでなく、
血液の循環がよくなるため頭もすっきりして、
心身のリフレッシュにも役立ちますので、
毎日マッサージする習慣をつけるといいってことですね。

そういえば、美容院で
頭皮マッサージをしてもらうととっても心地いいですよね。

それで・・・
頭皮のマッサージで大事なことは?

まずリラックスし、指の腹や手のひら使い、
あまり力を入れすぎないようにすることだそうです。

爪を立てると地肌を傷めるので
爪は立てないようにしたほうがいいとのことですよ。

手軽にできるマッサージ法

a.. 指で小さく円を描くようにして、
   生え際から頭頂部へともみほぐしていく揉捻法
b.. 指先に力を入れて頭皮を軽くつまみ、
   はずみをつけて指を離す圧迫法、
c.. 軽く握ったこぶしで頭頂部を中心に、
   手首の反動を使って軽くたたく叩打法


自分が気持ちよく感じるものを、
組み合わせながら一回5分位するといいそうですよ。

美容院、健康サロンでの頭皮クレンジング

美容院、健康サロンでは、
頭皮のクレンジングを頼めるところもあるそうです。

頭皮の手入れは注目されているので、
エステや健康サロン、美容院なども対応しているそうです。

専門的な知識のある人によって
的確な頭皮マッサージやクレンジングをしてもらえることで、
施術効果がより高まりますので自己流よりも良いと思います。

美容院や健康サロンに頼むメリットには、
毛髪診断や地肌チェックを経て適切なケアを頼める点もありますね。

自宅では無理なケアや、毛髪診断をしてもらうことにより、
家での手入れでも頭皮をいい状態に保てるようになりそうですね。

長期間の根気いい頭皮ケアが
毛髪の健康の維持には必要ですが、見当違いな方法で
頭皮クレンジングをするのは、頭髪を痛める結果にもなるそうです。

ほとんどの健康サロンではマイクロスコープなどで
毛根部分を拡大して毛髪診断を行っているそうですので・・・

頭皮の状態や毛根の問題、皮脂汚れが
どのようになっているかを実感することができるらしいです。

日頃の洗顔で洗い切れていない角質や皮脂の汚れについては、
専用の器具と特別なクレンジング剤で洗い落としてくれるとのこと。

それから専用シャンプーで洗い流し、
マッサージして頭皮の緊張を取り除いてくれるそうです。

無料体験コースなどがあるサロンや美容院もありますので、
頭皮クレンジングに挑戦してみてもいいかもしれませんね。

頭皮クレンジングのスッキリ感がやみつきになるかもしれませんよ。


頭皮クレンジングブラシ

頭皮に良いクレンジングは・・・

指の腹で優しく揉むような刺激を
頭皮に与えながら洗うことが理想的だそうですが・・・

爪の先で地肌を痛めないよう、
指の腹だけを使ってマッサージをするように
洗髪することが理想ですが、意外と難しいものですね。

そこで最近は、
頭皮クレンジングブラシという便利なものがあります。

頭皮クレンジングブラシは、
頭皮の汚れを効率よく洗い落とし
クレンジング剤の力を引き出してくれます。

頭皮クレンジング剤と同じように、
クレンジングブラシは頭皮ケアを目的としています。

頭皮に残っている皮脂や取り除き、
頭皮の血行をよくして髪の健やかな発育を促します。

マッサージしながら
汚れを落とす機能のあるクレンジング用のブラシは、
指先では落としきれない微細な汚れも落とします。

爪の先で地肌を傷つけることなく、
穏やかな刺激をクレンジングブラシで与えることで
洗髪の効果がアップします。

一般的なブラシの形をしたものの他に、
円形のブラシや楕円形のブラシなど・・・
様々なバリエーションがあります。

充電式で、ブラシが微細な振動をすることで
手ではできない刺激を頭皮に与えるブラシや、
マイナスイオンブラシもあるようです。

頭皮クレンジングブラシのブラシ部分は
ソフトなシリコン製ゴムなどで太くで柔らかめです。

頭皮を不用意に傷つけないように気を遣われています。

上手に洗髪をするために
クレンジング剤やクレンジングブラシなどを有効活用し、
清潔で健康な頭皮を目指しましょう

育毛に良い栄養素

育毛の促進に良い栄養素は色々ありますが・・・

育毛のひとつの方法として、
毛髪に良い栄養素を摂ることが大切だといえますよね。

毛髪も身体と同じように、栄養バランスが
偏った食事をしていると、健康に育たないそうですよ。

現代人の食生活は、
摂取される栄養素の偏りがかなり見られるそうですが・・・

やはりインスタント食品や
ジャンクフードの蔓延がその原因だといわれてますよね。

またダイエットによる
栄養の摂取不足などの食生活の問題も多くありますよね。

そう考えると
健康な毛髪を維持するのに必要な栄養分を
十分に摂取するのは難しいのが現代人の食生活といえますね。

そうなると食生活での育毛促進は
かなり難しいということになりますので、育毛のために
必要な栄養素を理解し、効率よく摂ることが重要なんですね。

それが健康な毛髪を維持することにつながるわけですね。

有効的な栄養素としてはビタミンE

老化を予防する働きがビタミンEにはあり、
ビタミンEが不足してしまうと血行が悪くなるそうです。

ですから、肩こり、冷え性、肌の老化に加えて
抜け毛などの症状を引き起こす原因となってしまいます。

育毛のための栄養素は
血液から送り込まれますので、血行が大切なのです。

ですから、血行を良くするためにも、
ビタミンEは十分に摂取したほうがいいそうです。

ビタミンEを多く含んでいる食品には、レバー、牛肉、
豚肉、かつお、また、たらこ、アーモンド、バターなどです。

ビタミンEはビタミンCと一緒に摂取すると、
ビタミンEの抗酸化作用が高まるので、育毛のための
栄養素として、より毛髪に効果的に働くことができるとのこと。


髪の毛が薄くなる病気

髪の毛が薄くなる病気はいろいろありますが・・・

例えば、髪の毛に限らず全身の体毛が薄くなる
甲状腺機能低下症など内分泌ホルモンに関係のあるもの

健やかな髪をつくる為の
栄養素が足りない亜鉛欠乏症 鉄欠乏症

タンパク質の不足など、
偏食やダイエットによる過度の栄養不足によるもの

糖尿病、薬物障害、

皮膚の分泌の異常による脂漏性皮膚炎など様々です。

また、抜け毛が増えたわけでもないのに
髪と髪のすき間が広がり地肌が目立つようになり
薄くなったと感じるのは・・・

毛根に栄養を送っている周囲の毛細血管の
血液循環に動脈硬化といった血液障害が影響を及ぼし、
髪の毛一本一本が細くなってきているからだとのことです。

毛髪分析で健康チェックができるように
髪の毛にはあなたの健康状態のシグナルが現れてくるそうです。

逆に言うと健康状態が良くないと
髪の毛にも影響が出てくるということですね。


髪の毛が薄くなったら脱毛症?

朝起きたら枕にたくさんの抜け毛が・・・
シャンプー時に今までより髪の毛が抜けて…、
同年代の人と比べて自分の髪の減り具合は多いのでは…と、

ある日突然抜け毛が気になりだし、
「このままでは、自分はハゲるのでは」
と心配になって仕事も手につかない、
という悩みを抱えた方もいることでしょう。

しかし、髪の毛が薄くなったからといって
すぐに「脱毛症」「禿髪症(とくはつしょう)」と
決め付けなくてもよいとのこと。

多くの人は思い過ごしや
考えすぎの場合も多いらしく・・・

実際に検査をしてみると
脱毛治療は必要のない人もいるそうです。

「脱毛危惧症」といって精神的なもので、
カウンセリングなどにより不安を取り除き
環境を整えると改善されるケースも大半なんだそうです。

ですから、気になる場合は
早めに専門家に相談したほうがいいとのことです。

また、髪の毛が薄くなる原因というのは
本当に様々でひとりひとり異なるものなので
身体が自分に送っているシグナルに気づいてあげましょうね。

天然パーマやくせ毛の人の髪のケア

天然パーマやくせ毛の人の髪のケア

天然パーマやくせ毛は
遺伝子レベルで決まってしまっているので、
ストレートパーマや縮毛矯正などで
一時的に真っ直ぐにすることはできますが・・・

現代の医学では根本から直すことはできないそうです。

髪の毛の質は人によって多種多様ですが、
天然パーマやくせ毛の人の髪には「潤い」が必要だとのこと。

乾燥しすぎたままだと
ゴワゴワしてしまうので、天然パーマやくせ毛であれば
たっぷりの潤いを補給したほうがよいそうです。

天然パーマやくせ毛の人がシャンプーを選ぶときには、
まず潤いが保てるという観点が重要になりそうですね。

潤いがあればある程度、髪の毛がまとまるようになります。
そして、強すぎる洗浄力は髪の毛や頭皮に良くありません。

天然パーマ(くせ毛)の人がシャンプーを選ぶときには、
シャンプーは弱酸性のもの、そしてアミノ酸系がお勧めで
洗浄力よりも、シャンプーの成分を見たほうがよいとのこと。

アミノ酸は人間の身体を構成している重要な成分です。

自分の身体の成分に近いアミノ酸は
身体や髪の毛に優しく、洗浄力も強くないので、
天然パーマやくせ毛に人にはお勧めなんだそうですよ。


トリートメントの種類

トリートメントの種類ってたくさんあるけど?

たくさんの種類が出てるトリートメント
メーカーによって考え方が違うそうですが、
大まかに分けて3種だとのこと。

・油分(オイル)を豊富に加えリンスとの兼用タイプ
(市販の安価な物に多く、すぐ流せる)

・髪自体をコーテイングして艶や手触り重視タイプ
(マニュキア効果等との表示がある)

・アミノ酸やタンパク質を補給するダメージケアタイプ
(比較的値段も高く、プロ使用がこのタイプ)

に分けられるそうですが、
その他、使用方法も様々になっていて・・・

すぐ洗い流せるタイプや
ドライヤーの熱を利用するヒート混入タイプ、
時間を置き浸透されるタイプなどがありますね。

他には、洗い流さないタイプの
リキッド系のタイプ等も最近市販されていますね。


ところでトリートメントは、なぜ時間置くのか?

トリートメント剤は、
髪の内部に浸透しなくては効果を引き出せません。
その為、キューティクルの隙間から成分を入れ込む必要が
あるからで、キューティクルの熱や湿気で開く特性を
利用して髪内部に浸透させるからだそうです。

季節によってシャンプーなどは変えるの?

一年を通して、
同じシャンプー、リンス、トリートメントを
使っていても問題がない場合はとくに変える必要はないとのこと。

ただし、髪は「湿度」や「気温」で状態が異なり、
湿度が低いと髪はパサつき、湿度が高いとベタついたり・・・

気温が上がると、頭皮の皮脂の分泌がさかんになり、
髪がベタつく傾向があるので・・・

そういう季節にる髪のパサつき、
ベタつきが気になる場合には季節によってシャンプーや
リンス、トリートメントを変えてみるの良いそうです。

空気が乾燥している時には、しっとりタイプを使うと
パサつきがおさえられるそうです。

湿気が多いときには、さらさらタイプのものを使うと
さっぱり洗い上がるとのことです。



元気な髪の毛を育てるには・・・

元気な髪の毛を育てるには、睡眠も大事です。

徹夜明けなどに、肌が脂っぽくなったり荒れたり、
目の下にクマができたりしますが、影響は髪の毛にも及びます。

よく睡眠時間は7〜8時間以上が理想といわれていますが、
この時間は特に問題ではなく自分の身体が必要としている
睡眠時間の分だけ、十分眠れば良いとのこと。

6時間で十分な人は6時間、
5時間で元気なら5時間の睡眠時間を取ればいいそうです。
ちなみに、寝過ぎも良くないとのこと。

それから、髪の健康ためには煙草もやめたほうがいいらしいです。

煙草は多くの毒素を含んでいて、その毒素は髪の毛のも影響します。
髪の毛には毒素を排出する機能もあるとされていますが・・・

煙草を吸っていると、その煙草の毒素という成分で
髪の毛が作られてしまうことにもなってしまうそうです。

また、煙草は毛細血管を収縮させるため、
身体の末端や頭皮の温度が下がるので、血行が悪化するため
頭皮が固くなり、毛髪が生える環境を悪化させることにもなります。

抜け毛や生え際が気になりだしたら、
とりあえず煙草はやめたほうが懸命だといえるのかもそしれません。

ここであえて言うまでもありませんが、
髪の毛の質を維持するためには、髪の毛や頭皮を
つねに清潔にしておかなければいけません。

清潔に保つためには、
毎日入浴時にシャンプーをしましょう。

ただ、汚れたら洗うのは当たり前ですが、
闇雲に洗えばいいのかというと、ちょっと違うようです。

頭皮を汚したままにしておくのは
言語道断ですが、乾燥しすぎていてもいけないのです。

適度な皮脂が髪の毛には必要で、その皮脂が乾燥や
悪い菌の侵入を防ぐ役割をしているとも言われています。

もちろん、皮脂はためすぎてしまうと、毛穴がつまり
発毛が抑制されてしまうので、その辺の加減が難しそうですね。

ただ、くせ毛の人は頭皮に皮脂が溜まりやすく、
溜まった皮脂が良質の髪の育成に悪影響を及ぼす可能性もあります。
くせ毛であれば、念入りな毛穴のケアをするようにしましょう。

真夏の紫外線も髪の毛に大敵です。
夏になると、肌には日焼け止めを塗ったりして紫外線を
予防するよう心がける人が多いですが・・・

5月から夏にかけては紫外線が強くなる季節ですので
髪の毛も紫外線が当たらないように気をつけたほうがいいそうです。

紫外線のダメージは肌だけでなく、
髪の毛にも表れますから、帽子などを被り、
髪の毛と頭皮を紫外線から守るようにしたいものですね。

髪の毛に良いものとは?

髪の毛のために、良い物を摂取しよう!

髪の毛は身体の中に取り込んだ、
食べ物や飲み物や空気などから作られていますので・・・

医療機関などで髪の毛を分析してもらうと、
どんな物質が身体に入っているか分かったりするそうです。

そのくらい髪の毛は、
食べ物などの影響を受けていると言うことですね。

そう考えるとつまり、
髪の毛にも生活習慣病があるのかもしれません。

たとえば、煙草を吸っていれば
煙草の成分か身体のみならず、髪の毛にも影響を及ぼし
肉や脂っこい食べ物、辛すぎる食べ物や、
カフェインの入ったコーヒーなどを体内に入れれば、
その影響が髪の毛にも出てくるということですね。

逆に言うと、良い物を選んで食べれば、
いま髪質が悪い人でも、改善する余地があると言うことですよね。

生活習慣病の多くの人は、体が太ってきたり、
脂肪がついてきたり、体力が衰えてきたり、病気になったりして
初めて、自分が生活習慣病になっていると気づきますよね。

これは食べ物や運動不足が原因だったりしますが、
身体に影響がでるだけでなく、実は髪の毛にも影響は出ていると
考えるべきだということですね。

最近、抜け毛がひどくなった、
頭皮が脂っこくなっている、毛が細くなっている
という症状が現れたら、自分の身体に脂肪がついた時と同じように、
生活習慣の悪化を疑った方が良いかもしれないということらしいです。

リンスとトリートメントの違い

まずは、リンスと
コンディショナーは同じものなのかな?

両方ともにシャンプーの後、
髪の表面に皮膜をつくり、髪の外側、
つまりキューティクルの部分を被う物で、
すべりをよくするものだとのこと。

トリートメントは、
髪の表面から浸透し、髪の内部に入り込み
ケラチンやタンパク質を補給する物で髪の状態を
内側から整えるものと位置づけしているそうです。

ただこれらについては、
明確な取り決めがあるわけでは無いそうですが・・・

最近ではリンスにも浸透効果があるなど、
境界がとてもあいまいになってきているみたいです。

ということで、例外もありますが、
一般的には、リンス・コンディショナー、
トリートメントの順に効果が高くなっているそうです。

ですからリンスをすれば
髪が良くなると思ってる方は間違いということですね。

あくまでリンスは
良く見せるだけのものということで、
実際は髪の栄養分は吸収されないものだということですね。

傷んだ髪の見分け方

自分の髪が傷んでいるかどうか?

これを見分けるには、
3つの方法があるらしいのですが・・・

とりあえずまずは、
自分の髪を見てみると、
見た目でも傷んだ髪かどうかわかりますよね。

毛先に枝毛がある場合は、
明らかに髪が傷んでるってことで・・・

枝毛は一度できてしまうと
もう治ることはなく、たとえトリートメントをしても
無理なことで、治す方法は切るしかないってことですね。

もうひとつの傷んだ髪を見分ける方法は、
自分の髪を引っ張ってみることらしいです。
髪は傷んでしまうと、切れやすくなってしまうそうなので・・・

髪にダメージを与えやすい
ハードなストレートパーマやツイストパーマは、
繰り返しかけることで髪を切れやすいものにしてしまうそうです。

髪は健康であれば、
指がすべるようで決して切れたりはしないそうですので・・・

三つめに、髪を指でしごくという方法で、
傷んだ髪を見つけることができるらしいです。

髪が健康でキューティクルも崩れたりしていなければ、
髪の根元からすべらすようにしてゆっくりとしごいたとき、
手触りが悪かったりすべりがとまったりすることはないそうです。

これらの痛んだ髪の見分け方で、
少しでも当てはまる要因があれば、髪が痛んでいるので
トリートメント剤を使い髪のトリートメントをしてあげましょうね。

自分で行うトリートメントで傷みがなくならないようならば、
もっと専門的なトリートメントをしてもらうために、
美容院に行ってみるといいかもしれませんね。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。